ゴールデンレトリバー撫でたい

https://sites.google.com/view/shorttwist/home

[ライブ]スタァライトオケコン「少女☆歌劇 レヴュースタァライト オーケストラライブ “Starry Konzert“」を見た

f:id:yunastr:20190402175533j:plain

スタァライトを甘く見ていた…

3月31日の昼の部を見ました。今回は割と「せっかくだから行くか」程度の気持ちだったんですよ。CD先行抽選で思いがけず当選したのと偶然都合つきやすかったので。また前回のパシフィコのライブが超大掛かりなスケールだったので、キャパ一回り小さい今回は繋ぎのライブかな~とか思ってたんです。

しかし甘かった、完璧に作り込まれたライブだった。

雑感

何よりまず、演奏がただオーケストラになっただけの声優ライブじゃなかった。言ってみれば、オーケストラという要素をしっかり活用するようなコンセプチュアルなライブだった。

まずセトリを見てくれ。

見ての通り、レビュー曲の全曲演奏が中心でした。世界を灰にするまで始まった時点で完全に今日勝ったと思った、もうこの時点で2nd行けなかったの帳消しにできました。

まず目につく特徴的な点としてオーケストラのみでアニメの劇伴の演奏がある。この時、ステージ上モニターでアニメの映像がダイジェストで流されるんですが、これが本当にいい。まるで生演奏がついた映画観てるみたい。一方でライブの構成から見るとこの劇伴の演奏がインターリュード的にレビュー曲の合間合間を繋いでいて、演奏後の暗転のような間を緩和すると同時に、次の曲への雰囲気を作る役割を果たしている。ライブに1本芯が通ったストーリー性を生んでいるとも言える。まあ途中で長尺のジェスチャークイズコーナーとかやってたけど休憩は必要だから…あと九九組のわちゃわちゃは楽しいから…

さらに、レヴュースタァライトというコンテンツの特徴上、特にレビュー曲を演奏しているとオーケストラがまったく「歌手のバックの演奏」にならないんですよね。つまり、オーケストラががバックバンドではなく、歌とまったく同じレヴェルの立ち位置でコンサートが構成されている。例えるなら、声優の歌がまるでアニメの中の歌が現実に実体化しているように、オーケストラの演奏もレヴュースタァライトの劇中で鳴っていた音の物理的な実体化に感じる。それくらい音にまるで手で触れるような圧があった。このあたりはキャストもみんなオーケストラに負けないように歌うのは簡単なことではなかったと口々に言っていました。

そして、やっぱり九九組の練度の高さです。9人いてこのステージパフォーマンスのレベルの高さは目を見張るものがある。MCでたしかはるちゃんが言っていましたが、スタァライトの3次展開は今まで1度も同じコンセプトのものがなく、毎回新しい試みが取り入れられているんですが、それができるのもこのキャストの信頼が置かれているんだろうなーと改めて感じたライブでした。

印象に残ったアクト

世界を灰にするまで

劇中と同じく、世界を灰にするまで途中での華恋ダイブ、再生産バンクのような流れも生演奏。そのまま小山百代の歌唱パートスタート。マジでやばかった。本気で戦慄した。スタァライトとオーケストラを甘く見ていた。

誇りと奢り

やっぱりまほ姉は別格に凄い。オーケストラの音圧に負けてなかったどころか圧倒してたのは間違いなくこの人。

恋の魔球

岩田陽葵さん本当にかわいいですよね。三森すずこの演技指導でスキップ入れたとのことでサイコレズ感に磨きがかかっててよかった。

RE:CREATE

ベストアクトその1。本当に最高。これだけで行った価値あった。涙でステージ見えなくなるのもったいないから我慢してたのにちょっと泣いてしまった。実際なんで泣かされるのか分析しようとするとよくわからないんですけどマジでめちゃくちゃ感動してしまう。2ndライブで一番物足りなかったのがRE:CREATEの間奏短くカットされちゃってたことだったので、今日はやってくれないかな~と思ってたんだけど完璧なフル尺だった。そしてやっぱり三森すずこ。この日は絶好調でしたね。いや熱心に追っているわけではないので毎回この水準を叩き出す超人だと言われてもなんら不思議ではないんですけど。この人もオーケストラに全然負けてなかった。さすが。

星々の絆

ラスボス曲(MCより)。今回はコーラスももえぴが歌ってくれました。コーラスってなんだよと思うかもしれないけど普通に歌い出しの部分終わった直後からバックで流れてる高音の声です。あれ本人歌唱だったみたいです。歌唱力すごい。

舞台少女心得 幕間

問答無用で泣ける。

スタァライト

説明いる?いらないでしょ?もう息を呑みましたよ。

Star Divine

アンコール2曲目。ベストアクトその2。もうこれ聴いたら音源聴けない。楽曲のスケールが原曲の数倍とかそういうレベルじゃなかった。行ってない人にはなんのこっちゃだろうが終わった後近くから「私これからStar Divine聴くとき脳内でシンバル鳴らしちゃう」(うろ覚え)みたいな会話聞こえてきてそーれって感じだった。

 

そんな感じで本当に充実したライブでした。1曲終わるたびに心から拍手しましたよ。スタァライトの3次展開ほんとに毎回挑戦的で面白いので興味ある人はぜひ。

あと情報共有と備忘録兼ねて貼っておきますがオーケストラライブの音源は6thシングル豪華版(Blu-rayついてくるやつ)のきゃにめ特典になっています。

音楽 | 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(スタァライト九九組 6thシングル(オーケストラライブBlu-ray付き豪華盤)