ゴールデンレトリバー撫でたい

https://sites.google.com/view/shorttwist/home

[アニメ]Re:ステージ!ドリームデイズ♪ #6

リステDD感想続き。3~5話書いてないけど6話があんまり良かったので先にこっち書きます。 

オルタンシアの当番回でした。新キャラのメイン回にも関わらず、部長とみい先輩のエピソードを挿入することで展開に無理がなくなってとても綺麗でスマートな繋がり方になっていたと思います。

 

順を追っていきます。

前回で謡舞踊部のプリズムステージへの出場が決まりました。今回はその流れを受けて、みい先輩のレッスンシーンからスタートします。

f:id:yunastr:20190813113433p:plain

部長とかえのターンがだんだん遅くなっていく芝居の細かさが良い。

一連のシーンでみい先輩のプロ意識の高さが描かれています。ついでに初めて仲間ができたみい先輩がスパルタ気味になっているという意味合いも持たされている。このあたりがオルタンシアのキャラクターと対照される前振りになっています。

 

で、部長の命を受け府中にやってきた謡舞踊部の3人がオルタンシアと鉢合わせます。

f:id:yunastr:20190813141803p:plain

最初のライブシーン。新曲でした。 コール曲。

本編ラストでこれが偶然の出会いではなく部長の企みによる意図的なものだったことが明かされます。ここまであんまり役に立ってるように見えない部長の根回し力が発揮されている描写でもあります。

f:id:yunastr:20190813143320p:plain

肩甲骨作画に異常さを感じる。

クレジットにグラフィニカが入っていましたがこのライブシーン何度観てもよくわからない。多分3Dモデルと、モデルを元にしたトレスと、モーションからアタリだけ取った作画の組み合わせだと思うんですけど、コマ送りで見ても確実には区別できない。

f:id:yunastr:20190813143725p:plain

車中の会話。「幼い頃から紫以外と組む気がしなかった」「勝ち負けより楽しむのが大事」という台詞で、みい先輩との対称性が際立たされています。

ここに、このタイミングでオルタンシアが登場してくる(部長がわざわざ出会うように仕向ける)必然性が持たされています。つまり、この回はみい先輩がアイドルにとって大切なことを思い出す("Re"member)回でもあるわけです。そして、その役割を果たすのは、同じ路上ライブを活動のメインにしているオルタンシアしかいない。あるいは初めて一緒にやる仲間ができて前のめりになっているみい先輩と、無意識レベルの前提として2人で一緒にやらなければ意味がないと考えているオルタンシアの対比として見てもいいかもしれない。

そして今回のクライマックス、2つ目のライブパート。

f:id:yunastr:20190813145556p:plain

f:id:yunastr:20190813150425p:plain

バルーンプレゼントというのが良さしかない。楽曲のイントロの時間を使って風船が配られるシーンが挿入されます。こういう時間もまたライブの一部だというメッセージにも見える。アイドルはストイックに自己のパフォーマンスレベルを向上させるだけではなく、しっかり観客の方を向いたエンターテイメントでなければならない。

そして歌われるのがリステ最強のコール曲Purple Rays。

f:id:yunastr:20190813151037j:plain

f:id:yunastr:20190813151058j:plain

f:id:yunastr:20190813151111j:plain

f:id:yunastr:20190813171002p:plain

ここはもう最高以外ない。30回くらいループ再生してる。最高の作画。どこ切り取ってもかわいい。

地味に嬉しいのがこのライブシーンちゃんと手持ちマイク持ってるんですよね。アニメのダンスシーンってマイク省略されがちで、そもそもついさっきやったYes, We Are!!!もマイクなしのダンスパートなんですがこっちはしっかりマイク付きなのが嬉しい。振り付けが去年やった2ndライブの再現(当然これもメチャクチャに嬉しい)なのでその要請上のものかもしれませんが、このこだわりはとにかく嬉しい。

Purple Raysはそもそもコンテンツ的に純粋に人気曲なので、アニメでオルタンシアのライブシーンをやるとすれば純粋に音楽的な理由からもこの選曲になるのが自然なわけですが、この回ではそれに加えてドラマ上でもしっかり必然性が持たされています。

f:id:yunastr:20190813151357p:plain

アニメでPurple Raysやるならこれ入れないと嘘でしょという感じのオーライコール。これだけで泣ける。ここまでのオルタンシアがしっかり観客の方を向いたライブをしているというのがきちんと活かされています。

 

6話はオルタンシアの当番回であると同時に、みい先輩がアイドルにとって大切なことに気付く(+部長が仕事をしている)というエピソードの流れを挿入することで、きわめてスムーズな展開になっていました。原作だとオルタンシアが出てくるのはもっと後なので実は相当エピソードの順序入れ替えていることになるんですが、恐ろしく自然です。

一方で、オルタンシアの登場回としても効果が出ていると思います。ここまでKiRaReの積み重ねに対比させる形で物語に入ってくるため、オルタンシアのキャラクターをより強く印象づけることができている。

また、脚本だけでなく作画も相変わらず非凡なものがあります。ダンスパートの美麗さは当然として、2つ目のライブシーンでみい先輩の改心をオルタンシアのパフォーマンスとみい先輩の表情の芝居だけで伝えきっているのが素晴らしい。

f:id:yunastr:20190813170822p:plain

 

来週はステラマリスみたいですがどうなりますかね。期待してます。