ゴールデンレトリバー撫でたい

https://sites.google.com/view/shorttwist/home

アイドルコネクトが再始動しています(2019/12)

祝!!アイドルコネクトサービス終了3周年!!!

アイコネについては一度この記事にまとめて書きました。

livedoor.hatenadiary.com

日付見て意外とビックリしたんですが、今年の3月時点ではまだほぼ休眠中だったんですね。

この半年でアイコネはかなり動きました。私もこのコンテンツ追っかけ始めて長いですが、おそらく過去最高レベルで活発に動いています。

まず7月にファンクラブがスタートしました。

www.pixiv.net

9月には長く待望されていたCDも再販されました。

idolconnect.booth.pm

私は個人的な関心事の1つに、「1度終了した作品がファンやスタッフの熱意で復活したり続編が制作される」いうのがあります。というかアイコネのせいでこの種の趣味になったのもある。

今年はこのパターンで大きい事例をいくつか見かけていて、例えば、2014年のアニメ『天体のメソッド』は新作エピソードが作られましたし(参照)、2016年のアニメ映画『ポッピンQ』はクラウドファンディングで1200万円を調達しました(参照)。

また、サービス終了済みスマホゲーアイドルジャンル(そういうのがある)での偉大な先輩『アイドルリズム』は、ユーザーのバズツイート(参照)を元に、焼かれた村という題で当時のスタッフが登壇する公式イベントが行われました。

「焼かれた村、村祭り2019 ~サービス停止は終わりじゃない!?~」を開催しました!

www.codate.jp

しかしまあやっぱり現実的には甘くなくて、頑張ってくれている雰囲気は伝わってくるものの、徐々にフェードアウトしていくパターンも多々あります。

で、ここまで書いたところでアイコネちゃんです。ここはどうかというと、ファンクラブが始まってからここまでの4ヶ月間を見ている限り、かなり活発に活動してくれています。毎週の更新も途絶えていませんし、内容も充実しています。たぶん人的にも資金的にも相当なリソースが割かれてると思います。

だいたいどれくらいの規模の運営でどれくらいの力の入れ方なのかがわかりやすいのが今年から始まったラジオ。

まず声優を呼んでいるという時点で画期的だ。たまに音量おかしいですが、それ抜きにすれば音質も編集もまとも。

「今回は」と書いたのにも理由があって、そもそもこの作品既に終了してから3周年になります。開始じゃなくて終了"してから"3年です。じゃあ残りの2年8ヶ月は何をしていたかといえば、特に何もしていなかったわけではなかったんですよ。この間にも色々やっていました。2回で更新止まったVtuberとか…。

私の今の注目はラジオでこれもネタにするのかどうかみたいなとこあるんですが、それはそれとして他にも色々ありましたが詳しくは近くのゾンビに聞いてください。

なぜこんなことを持ち出したかというと、これらの過去の活動より今回の動きは明らかに質が違っているという前提を把握してほしいからです。これまではぶっちゃけ愛は感じるけど発展性やプロジェクトのリブートまでにはなかなか繋がらんのではないか感が否めなかった(なので自分でもここまであんまり触れなかった)。

しかし今回は違う。まずちゃんと目的が設定されています。

――アイドルコネクトは、これから何をするの?

すごく大切なことですよね。
始まっていく以上はゴールがあって、
アイドルコネクトは全力でそのゴールに向けて走っていくことになります。

第一段階の目標は…大きく分けて2つ!

・本編ストーリーの完結!

・『アイドルコネクト 1st Asterisk Live!』の開催

です!
その先はまだ未知のステージ。

【全体公開】ファンクラブについての説明です!【春宮空子より】|アイドルコネクト-公式ファンクラブ-|pixivFANBOX

そして金を払う先がある。月額は1,000円~1万円。高い。高いのだがこの種の大人数が関わってくるコンテンツの場合、予算としてはちょっと足しにできるくらいでしかないんじゃないかな、という気がする。

しかしそれだけ取ると決めた腹の括り方のようなものも伝わってきていて、ここまでは(今までに比べて)驚くくらい内容も伴っています。上に書いたラジオやCDの再販はその成果の1つと見ていいと思います。

ここは運営の規模的にも大きな会社が道楽でやっていたり、他に柱の事業があって余裕があるといった感じにはあまり見えません。冗談抜きに関係者とクリエイターの執念と犠牲の上で動いてると言っていいと思います。それを考慮した場合、今の活動は考えられる限り最大のレベルだと思います。

 

さて、ここまで読んでくれたあなたに何をして頂きたいかというと、とりあえずアイコネの名前だけ覚えていてください。とりあえず名前だけでも覚えてくれている人が増えれば、その中で数十人か数百人に1人の割合でそれ以上の深さにコミットしてくれる人が確実にいる。私は詳しいんだ。

アプリは現在12/7まで無料になったのでタイミングがあった人はとりあえずインストールだけでもしてみてください。

このコンテンツの数奇な運命ですが、最近は本渡楓さんやシャニマス経由で関心持ってくれる人も少しずつ増えているみたいです。ついでに書いとくと後者は実質前作とかプロトタイプと言えるほどの繋がりがあるわけではないです。例えるならテイルズオブファンタジアスターオーシャンくらいの関係なんですが、今この例えで伝わるのオッサンしかいない可能性が高い。

内容は今まで散々書いてきたのであんまり書かなかったんですが、そもそもこれストーリー的にもまだ全然序盤で止まっています。序破急で余裕の"序"のパートです。追いかけるにも一瞬で追いつきます。

私はこういうアイマスフォロワー型の作品の面白さは、コンテンツの複合性にあると思いっているタイプです。シナリオも楽曲もキャラクターもそれぞれに分解して評価することもできるけど、本領はそれらの数々の文脈が重ね合わされたところで閃光のように閃いてくるコアの部分にあると思っています。なんらかの瞬間に「このコンテンツは信頼できる」と確信を持った経験のある人は多いであろう。

そして、アイドルコネクトという作品は今はまだその核を手に入れられていない。しかし、このコンテンツに3年以上かかずらっている全員はその核の部分についておそらく同じヴィジョンを幻視しているし、それくらいの幻想を抱かせるだけの強度が作品にありました。俺もそれを見ている。同じような幻想に囚われる人が1人でも多く増えることを願っています。

最後に、シナリオライターの1人である石原宙さんのブログを貼らせて頂きます。クリエイターの思いが伝わる文章です。ぜひ読んでみてください。

アイドルコネクト公式ファンクラブ開設について|告知|ソラゴト通信局

ishiharasola.side-story.net