スピッツ / SPITZ JAMBOREE TOUR 2019-2020 “MIKKE” 2019/12/12 横浜アリーナ

f:id:yunastr:20191214160252j:plain

スピッツはずっと特別なバンドで、あんまり思い入れが強すぎたのでなかなかライブ行く決心がつかないバンドでもありました。

高校生の頃から今に至るまでほぼ人生のパートナーのような聴き方をしていたので、ここまで自分の生き方に引き寄せて聴いてるとさすがにちょっと現実のスピッツからは乖離していくよな、というのが大きかった。音楽って特に世界の中で自分ひとりのためだけに歌ってくれているような感覚を起こさせますよね。

リアルタイムで追っかけられていた時でもさざなみCDやとげまるのあたりはそんなに熱心に聴き込んでなくて、隼の頃のライブ行けてた人いいな~とかばっかり考えてました(わたしが聴き始めた高校生の頃はスーベニアが最新作でした)。いま思うとただの逆張り根性でしかなかった気はする。

他のアーティストなら普通にいいライブ観れれば十分なんですが、スピッツに関しては一分の隙もなくイメージ壊したくないレベルの存在だったので、生で見たいという欲求が起こることがほぼなかった。ライブバンドなことくらい当然知ってたしDVDも買ってたんだけど。

その結果およそ15年もの歳月が過ぎていたのだ…(僕はスピッツ結成と同じ1987年生まれです)。

ライブ行くことにした理由は色々といくつかあるんですが、大きいところで「そろそろ解散も再結成もせずコンスタントにずっと活動してくれてるアーティストほど大事に考えんといかんな」という気持ちが強くなってきたのがあります。ちなみに今年はaikoも取りました。

もう1つは最近のリリースがだんだん好きな傾向になってきたこと。小さな生き物あたりからサウンドや歌詞がすごくスッと入ってくるようになってきた。これは作ってる側の変化なのか自分の変化なのかわからないけど、たぶん両方なんでしょう。なんて言えばいいか、ようやく自分の中のスピッツのイメージと現在進行形で活動してるスピッツが重なってきた。

そういう流れでチケ取るかと決心したのが秋頃、このクラスの知名度のアーティストのチケ取りノウハウ何もなかったのでプレイガイド先行に申し込みまくって取れたのが横浜アリーナ初日。個人的にアリーナのスタンド席って見やすくて好きなので大変助かりました。

さて、ライブですが本当に良かった。良かったというかなんだろう、人生のライフイベントか何かみたいな感じに近い。

正直なところ結成30周年ツアーをスルーした時は、あーこれスピッツ観る唯一のタイミング逃したなと思ってたけど、やはり運命ってあるんだなと思った。ここしかなかった。今回のツアーのこの日しかなかった。

セトリ

1. 見っけ
2. はぐれ狼
3. エスカルゴ
4. けもの道
5. 小さな生き物
(MC)
6. 遥か
7. 快速
8. 放浪カモメはどこまでも
9. 点と点
10. ラジオデイズ
(MC)
11. 優しいあの子
12. ヒビスクス
13. プール
14. まがった僕のしっぽ
(MC)
15. 青い車
16. YM71D
17. ロビンソン
18. ありがとさん
19. 楓
(MC)
20. 渚
21. 8823
22. 俺のすべて
23. ヒバリのこころ
En
24. 醒めない
(メンバー紹介・MC)
25. チェリー
26. ヤマブキ

先に純粋に音楽的なとこ書いとくと、パフォーマンスは本当に素晴らしかったです。

関ジャムで「スピッツはボーカルとギターが支え役でベースとドラムが前に出て主張しているバンド」という見解を聞いたときに感心したんですが、ライブ中に意識をベースとドラムに移すと、たしかに今まで経験したことのないくらい音にうねりや跳ねがあるのを感じてなるほどなとなった。まあリーダーは動きの主張も激しかったけど。横浜アリーナのバカでかいステージに左右に張り出す花道までつけてボーカルほぼ不動のままベーシストがめっちゃ動き回ってスタンド近くまで行くのほんとに笑った。

予想外に凄さを感じたのがボーカリストとしての草野マサムネ。元から天性の声質を持っている人なのでそこに注意が行きがちだったけど、生で見るとこんなに歌に迫力がある人だとは思わなかった。おそらくこの日は声の調子もかなりいい日だったんだと思います。ほぼCD音源のままで変な癖つけないのが余計に凄さを感じさせるタイプだった。アンコールのチェリーは感動と圧倒が混ざった本当に最高のアクトだった。

ステージングもアリーナにふさわしいスケールの照明や演出でいちいち感動的。最高。似合わないって言ってもロックバンドのアリーナ公演って他にないハレ感あるのが好き。

で、上のセトリです。

まずそもそもリリースツアーなのに最新作から3つ干されてるんだよな。結果ほとんどオールタイムベストかつ、タイアップ曲みたいなコマーシャリズムからも少し外れた絶妙な選曲。30周年ツアーより絶対こっちの方が良かったよ。

近年のセットリストは調べてたので定番曲はだいたいわかってたけど、それにしても刺さる曲が多かった。どちらかというと演奏や歌のパフォーマンスを楽しみにしていたので、選曲でこんなに刺されるなんて想像もしてなかった。

一番聴いていた三日月ロックから3曲、特に序盤でエスカルゴと遥かが演奏された時は今日のピーク決まりやんけ…と思ってたけど甘すぎた。一番ライブ見たかった時期だった隼から放浪カモメ、テン年代で特に小さな生き物と醒めないのタイトル曲2つ、そしてイントロ流れてから理解するまで相当時間かかったプール(プール!!)。

一番嬉しかったのは青い車と渚かな。自分が生きててこの曲をライブで聴けるなんて思わなかった。青い車みたいな死と達観の匂いが濃く立ちこめてる曲が、見っけみたいな若々しい前向きなアルバムのリリースツアーに選曲されていることがなんか凄く嬉しかった。自分でも青い車でこんなに感動するなんて思ってなかったけど本当に感動しちゃったんだよな。

渚もまさかこの曲を生で聴ける日が来るなんて思ってなくてひたすら感動してた。いや実は結構演奏されてるのかもしれないけど、リリースツアーで初めてスピッツ見に来て渚聴けるなんて思わないよ普通。たしかMCで自分たちの年齢とかバンドが30周年迎えたこととか90年代からのお客さんは足腰に気をつけて~みたいなMCの後で演奏されていて、ああこの時代と今のスピッツは確かに地続きでずっと繋がってるんだなというような感慨がありました。

マサムネも歌詞世界も90年代からずいぶん変わってきていて、それがスピッツとの距離感が一定に固定された大きな理由でもあったので、なんかこの2曲が聴けたのは本当に嬉しかった。

過去の曲のことばっかり書いたけど当然新曲も良かった。見っけはギターをジャーンって鳴らすロックの衝動的な方に振ったアルバムだと思うんだけど、そういう若々しさが全面に溢れてるライブだったと思う。このセトリで新曲がぜんぜん浮いてないのほんとにすごいと思う。とにかく飽きる時間がなかった。

ただそれ以上に感じるものがあったのはバンドの活動歴と一緒になったメッセージ性みたいなものだったかな。前にスピッツは全員50越えたらどんな音楽性になるんだろうって考えたんだけど、まさか開幕ギタージャーンでもっと若々しくなってるなんて思わんよ。

実際ちゃんと見たらみんな顔にシワ増えてるし冷静に普通に年相応だったりもするんだけど(地デジ画質に耐えられないからMステでカメラに映されないように配慮してもらってたんだと思うってネタにしてた)、でもサウンドも詩作世界も目の輝きも20代の青年にしか思えない。たぶん人間の外貌って魂の若さも反映されるんだと思う。 

このあたりをすごく感じたのがラストブロックの8823~俺のすべて(この流れ映像で何度も見すぎて初見の気がしなかった)と本編ラストのヒバリのこころヒバリのこころ!)、そしてアンコールでさらに醒めないと続いてヤマブキで締める流れ。節目の30周年を越えて、醒めないみたいなメルクマール的アルバムを作って、それでもまだ飽きもせず老け込みもせず大御所感も出さず、40周年も50周年も今と変わらないまま走り続けてくれる、そういう絶対的な信頼が感じられました。ヤマブキ、本当にいい曲ですよね、大好きです。

自分もスピッツと一緒に30越えたけど、正直自分でも驚くくらいいまだに全然好奇心衰えなくて、なんなら高校生とか大学生の頃より何見ても新鮮で面白くて楽しくてしょうがなくてもしかして俺死ぬまでこうなのかもしれんと思ってたりもしたんですが、50代のスピッツを見てるとまあこれでいいと思える気がしています。15年かけてようやく同時代に生きてるスピッツと伴走できるようになったかな。今日まで歌い続けてくれて本当にありがとう。これからもよろしくお願いします。

草野さんが最後に「今日は『今日も』じゃなくて『今日は』と言いたいくらい楽しかった」と言ってくれたの本当に嬉しかったです。