異端の声優キャンプ番組 桑原由気&高田憂希『平日深呼吸。』

 

またいい感じの問題作を視聴しました。

dアニメストアで配信されている、『平日深呼吸。』です。

内容は声優の高田憂希さんと桑原由気さんによるキャンプ番組です。

お二人ともにマウスプロモーション所属で、共演作も多い。個人的にはTokyo 7th シスターズで馴染みがあります。

前編は東京近郊でのハイキングの様子を収め、後編は河原でテントを建てて、焚き火をしながらご飯をつくって食べる様子が収録されています。

元々はAT-Xで製作・放送された番組とのこと。

アニメ専門チャンネルAT-Xがおくる、『おとなはみんな疲れています-シリーズ』第一弾。何気ない日々の楽しさをお届けする新感覚のナチュラル系自然派番組。忙しい毎日から離れて、平日にふらっとでかけて、自然に触れてみる。そんなゆったりと過ごす時間を持てたら、きっと豊かな気持ちになれるはず。澄んだ空気の中で深呼吸したような気分になれる、やさしい時間をお届けします-

ああ、キャンプか、いま流行ってるもんね。要するにゆるキャン△の実写版みたいなやつね。ゆっきーもくわちゃんもかわいいもんな……全身アウトドアルックでキャンプさせたらそりゃそれだけで勝ち確だよね……。

そう思うかもしれない。もちろん、その理解に間違いはない。一面においては。

しかし、やはり違うのだ。決定的に。この番組は。ゆるさが度を超えて徹底されているのです。

ざっくりと見通した限りでも、以下のような特徴を列挙することができます。

  • ナレーションがない
  • BGMがない
  • 風の音や鳥の声、水や火のような環境音が前面に出ている
  • 演者の顔のアップが少ない
  • 引きの画は映画を思わせるほど構図をガチっている場合が多い
  • そもそも声優が映ってないただの風景の割合が多い
  • 明らかに視聴者に違和感を抱かせる長回しがある

上に貼ったYouTubeの予告編は異様に静かなのですが、これはあえてそういう演出にしているというわけではなく、完全に全編このままです。この数十秒を数十分に伸ばしただけです。僕としては、「ミニマル」とか「アンビエント」みたいな形容詞が頭に浮かんできます。

あるいはYouTubeにアップされているようなキャンプ動画が意識されているのかもしれません*1*2

まあそれはいいとして、アニメ専門有料チャンネルとはいえ『平日深呼吸。』がテレビ番組としてここまで思い切った作りにしたのはかなり挑戦的な気がします。

画面

引きの画がとにかく多いです。顔のアップはほぼありません。どんなに寄ってもバストアップ程度です。

ではまったく演者の顔が映らないのかというとそういうわけでもなく、桑原さんと高田さんが手持ちのスマホでお互いを撮り合っている画面がちょくちょく差し込まれるという方法がなされています。にくいね。

一方で広角のほうでは限度がなく、まるで映画のワンシーンのように風景のなかの1つの要素としてWゆうきが配置されているような構図になる場合がちょくちょくあります。どうやらこの番組においては声優が"主"であり、風景が"従"であるということはないらしい。声優と神奈川県秦野市の自然、その2つが一体となっているのだ。

そして、もう1つ書き記しておきたいこととして、時々やたらと長回しの映像が入ります。たとえば #1 の19分30秒あたり。鳥の声と風の音とともに、およそ50秒に渡り、紅葉の木々から差しこむ木漏れ日だけが映されます。「木漏れ日を50秒」と言っても伝わらないかもしれませんが、実際観てみるとこれはかなり長いです。あきらかに「長いな…」という気持ちが湧いてくる長さです。一周してなにか意味ありげなショットにすら感じてきます。

演者

桑原さんと高田さんの醸し出す空気感がとにかくゆるいです。本当にゆるい。正直言って会話もあまりにも内容がないので何周してもほとんど何も覚えていない。あと僕は知らなかったんですが、高田さんが桑原さんをさん付けで呼ぶのもちょっとした関係性が見えて良い。

また、上に書いたこととも関連しますが、とにかくスタッフや編集の気配がとにかく隠されています。というかもはやほぼ消されています。単に絵面を見ていても、大半の場面で物理的に遠くから撮っているのが伝わっています。

また、全編に渡って演者の声と自然の環境音しか流れない副次的な効果として、地声の良さが伝わります。これによって声優の声を使ったアンビエント映像のような何か感がますます増しています。

 

★★★

欠点としては、配信だと高画質とは言えないので本当の意味でちゃんと観たとは言えない気はします。まあAT-X入ってないのでしょうがないんですが。この後 #3 と #4 の新作も放送されるらしいです。

それでは改めてリンクを貼っておきます。

anime.dmkt-sp.jp

*1:ロケ地の滝沢園キャンプ場を調べたらヒロシのYouTubeチャンネル最初の動画がここでした

*2:ひとつも関係ないですが僕はテレビでBS-TBSBS朝日など民放BS局の旅番組や街歩き番組を流していることが多いのでヒロシには馴染みがあります。